スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年1月期 アニメ⑭

【グレンラガン】
最終回。
始まって1分で泣いた。
ロージェノムで泣いた。
空色デイズで泣いた。
ニアで泣いた。
20年後で泣いた。
「行けるとも。天の光は全て星だ」泣いた。
熱くて燃えて泣けて切なくなる最終回だった。

最後、ニアが消えちゃったりシモンは一人旅立ったりしたのは少し寂しかった。
出来たら皆揃って20年後もグレン団でいて欲しかった。
この終わり方に納得してない訳ではないけど。むしろ好きな終わり方だけど。
でもやっぱり平和を取り戻した後は皆で幸せになって欲しかった。
一つだけ本当に納得いってないのはエンディングかな。
最後がいつもの通常エンディングだったのはちょっと微妙だった。
空色デイズは最後の最後までとっておいてもよかったんじゃ?
あー、でもあの空色デイズの使い方も燃えたしなー。

エピローグは定番の○○年後。
おっさんになったシモン渋すぎる。
ロシウもあの老け方、苦労したんだろうなぁ。
リーロンすげえええ。何あの変わらぬ美貌。
そしてダリーに悪い虫がついていないようで安心した。
でもダリーって少なくとも30代なんだよな。逆に心配になってきた。

半年間とても楽しめた。
DVD欲しいな。もう一度最初から見たい。いつか手に入れたい。
とても良いアニメに出会えたと思う。
半年間ありがとう。

それにしても結婚式の時のキヤルは可愛かった…

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
プロフィール

高村 埜寺

Author:高村 埜寺



カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。