スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん!

けいおん!見てきた!
ってかもう4回見てる。
世の中には何十回と見てる人もいるそうで、まだまだひよっこだな。
でもこれ、何回見ても飽きない。
メインで喋ってないキャラが画面の隅っこで面白い反応してたりして、毎回見るたびに新しい発見がある。

メインの5人がテレビ版よりさらに可愛くなっててびっくり。
まだこれ以上可愛くなるのか!
特に唯の可愛さがヤバい。
基本、あずにゃんと澪が好きなんだけど、この映画に限っては唯がぶっちぎりで可愛い。
こんなにニヤニヤしながら公共の場で映画見るとか、もうヤバいな。人として終わってるな。
ホラー映画のCM見たいに客の反応とかこっそり撮られてたらもう自殺するしかないな。

一番可愛かったのは、、、どれだろう。もう決められない。
飛行機の中のあずにゃんと唯も可愛かったし、寝ぼけあずにゃんも可愛かったし、怯える澪も可愛かったし、ムギの「ドンマイ♪」も可愛かったし、律ですら可愛かった。

前半はほのぼのしてて楽しくて、クスッとくる笑いどころも多くて、そして後半は教室ライブとか天使にふれたよ!とか泣ける所も多くて、映画としてよく出来てると思う。
教室ライブの時のさわちゃんと男の先生のシーンとかも青春っぽくてよかったなぁ。

ブルーレイ早く出ないかな。絶対に買う。
そしてこれ見てロンドン行きたくなった。
実際に行った人とかいそうだなぁ。

とりあえずあと2、3回は見に行く。
スポンサーサイト

サマーウォーズと時かけ

ららぽーと横浜のTOHOシネマズでサマーウォーズと時かけ(アニメね)の上映をやるとの情報を聞きつけたので見てきた。
時かけを劇場で見るのは3年ぶり。やっぱ面白いなぁ。思ったよりも一つ一つのシーンを覚えてた。見終わった後の清々しさは3年前と変わらなかった。
サマーウォーズは半年ぶりか。こっちは最近DVD見たばっかだけど、スクリーンで見た方が感動も大きい。
こうやって何年かに一回でも、昔の映画を上映してくれるイベントがあると本当に嬉しい。出来たら10年20年経ってもたまにこういうイベントをやってもらいたい。そしたら絶対に見に行くよ。
でも欲を言えばこのイベント真夏にやって欲しかったな。やっぱこの二つは夏に見てこその映画だと思うし。あとエヴァとかグレンラガンとかも一緒にやって欲しかった。そしたら一日中映画館に入り浸りでアニメ三昧だったのに。
いや、でも良い一日だった。本当に是非またやってくれ。

涼宮ハルヒの消失

長門有希ちゃんの消失を読んであまりにも長門が可愛かったんで、原作も読んでないくせに映画見てきた。
序盤の、端から見たら完全に精神病患者なキョンが本気でかわいそうだった。
やだ、この人なんなの…?大丈夫か、コイツ…って空気がすごく痛々しかった。てか普通ならもうあのまま救急車だな。

そしてお目当ての長門は期待通り激可愛かった。
キョンが帰る時に慌てて帰り支度して一緒に帰る長門可愛かった。
てか部屋に招くのはえええええ。OKって事!?OKって事なの!?何がだ。
キョンに詰め寄られて「やめて…」って呟く、怯える長門可愛かった。
秘密のフォルダを避難させる長門可愛かった。
良かったら…って言って入部届け渡す長門可愛かった。
急須のふたをいじる長門可愛かった。
帰ろうとするキョンの袖を掴んで引きとめた長門可愛かった。
明日も部室に行っていいか?って聞かれて微笑んだ長門可愛かった。
長門、可愛かった。

もちろんそれだけじゃない。
入部届けを返された時の泣きそうな長門が切な過ぎる。
世界を改変させるに至った長門の感情を想像すると泣けてくる。
屋上のシーンも切ない。最後の「ありがとう」が切ない。
とても儚くて切なくて綺麗な物語だった。
ジムノペディが凄く効果的だった。この曲大好き。
ってかこんなに切ない話だったとは…
もう長門有希ちゃんの消失で単純に萌えられなくなってしまったよ…
でも本当に見に行って良かった。

多分原作を読んでたり、アニメを何回も見てる人と比べると半分も話を理解出来てないと思うし、伏線やら感情の機微やら、気付けなかったり見落としてたりいっぱいしてると思う。それでもこんなに楽しめたんだから、やっぱハルヒは凄い。人気ある理由がよく分かった。もっとハマってから見たかったかも。

その他良かったシーン。
キョンを刺した後、くるくる踊るあちゃくらさんが猟奇的で怖くて綺麗だった。
ちゅるやさんが格好良かった。スモチ欲しがったりにょろ~んとか言ったりしなかった。
みくるのサンタコスはなかなかエロかった。
妹ちゃんが可愛かった。シャミは毎回あんな起こされ方してかわいそうだ。
「おかあさ~ん、キョンくんが頭おかしい~」笑った。
ED曲良かった。余韻に浸れる良いエンドロールだった。

上映終了までにあと1、2回は見に行こう。
この映画の雰囲気から言って、深夜のレイトショーが似合いそうだ。
よし、次はレイトショーで見よう。
原作もそのうち全巻買って読もう。
キャラソンも集めよう。長門を嫁にしよう。
うん、そうしよう。

劇場版Fate/stay night

なんか急に「そろそろ公開じゃないの?」って思って調べたらたまたま初日だったんで見てきた。
面白かった。全然期待してなかったけど、面白かった。
ただ物凄い駆け足で話が進んでいってびっくりした。
中盤までのダイジェストっぷりに原作未プレイの人達はついていけるんだろうか?
セイバー召喚まで3分で終わらせたのにはさすがに不安になってしまった。

原作やってるのを前提にして、ストーリーは二の次で戦闘シーンに力を入れたんだろうけど、今回はそのおかげで疾走感がすごく気持ちよかった。これを酷い端折りと感じるかどうかは人それぞれなんだろうけど。
ストーリーとかキャラの細かい感情の機微とか駆け引きとかは原作で補えばいいと思う。
もともとUBWを2時間で収めるのは無理なんだし。ってか久し振りに原作やりたくなった。
ランサーとアーチャーが激格好良かった。
ランサーには普通に惚れるね。掘れるね。
凛も可愛かった!ふとももとか良かった。
だけど「信じられない。男の子に泣かされた」とか「えへへ、キスしちゃった」とかはカットして欲しくなかったなぁ。あとイリヤとバーサーカーの回想とかもカットされてて残念。
いや、でも概ね満足。
予想外に面白かったんでもう一回くらい見てこようかなぁ。
あと桜ルートも映画化して欲しいなぁ。無理かなぁ。

マクロスF

もう3週間くらい前の話になるけど、マクロスF見てきた。
アニメも見てないしほとんど何も知らずに見たけど結構面白かった。
これはアニメと同じストーリーなのかな?違うのかな?やっぱアニメ見てから見たかったなぁ。
でも何も知らずにって言っても事前にCD借りてたからボーカル曲は全部知ってたけど。
マクロスはキャラやストーリー知らなくても楽しめるけど曲は知ってた方がいいかも。
「What 'bout my star? @Formo」が一番好き。でも映画では最初のサビ後の一番好きな所に入る所で終わっちゃってたな。残念。
あと星間飛行聴きたかったけど最後までやらずじまいでちょっとがっかり。後編ではやるかな?
森で蝶々を捕まえようとして捕まえられなかった時のシェリルが異様に可愛かった。あれだけで1200円払った価値があった。

後編は1年後くらいには公開になるのかな?
年末年始はアニメ版のDVD借りて見ようかな。

サマーウォーズ

先週土曜日に見て来た。
泣いた。すごく面白かった。
涙あり、笑いあり、熱い展開ありで最高だった。
相当期待して行ったのに期待を大きく越えていてビックリした。
事前にほとんど情報を仕入れなかったのも良かったのかも。

とにかく泣き所が満載。
健二が手錠はめられた時に栄おばあちゃんに
「こんな事になってあれだけど…」ってお礼言うとこがすごいグッときた。
他にも世界中からアバター託されるとことか、栄おばあちゃんの手紙のとことか、おばあちゃんが電話かけまくるとことか、健二の「よろしくお願いしまぁぁあぁす!!」とか。細かく上げたらもっとある。
ラストも、時かけは切なくて泣いたけど、今回はハッピーエンドで笑いながら泣けたのが良かった。
お葬式で賑やかにハッピーバースデイ歌ったり、イカ焼いたり、健二と夏希を囃し立てたり、本当に温かくていいなぁと思った。
大勢の弔問客が「なんなのこの人達は…」みたいな顔で見てるのがまた良い。
そして最後の栄おばあちゃんの笑顔。
こんなに清々しい気持ちで泣けた映画はなかなかない。
ラストと言えば、最後の「大好きです!」の後の夏希の「うれしい。ありがと」で胸がズキュンと来た。
健二はもう既にあの家族の一員みたいなもんだし、結婚しちゃえばいいと思うよ。
ってか別れたら翔太にぃが乗り込んでくるよきっと。

とりあえずこの映画は夏に見るべき。
そして上田に観光に行くべきだと思うよ。
この夏の間にあと何回見れるかな。
てか既にもう3回見てるんだけど。
でもまだ飽きてないし、何度でも見る。飽きるまで見る。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破

2日連続でエヴァ見に行ってしまいました。
これで5回目。もうほとんど病気です。
でも全然飽きない!
サントラ欲しいです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破

いてもたってもいられなくてエヴァ破4回目見て来ました。
でも全然飽きない。それどころかますます面白くなっていく。
この分じゃ確実にこの週末2回くらい見に行ってしまいそう。

今回は4回目にして初めて泣いた。
今までは泣く余裕すらなかったもんなぁ。
泣いたシーンは綾波の「碇君がもうエヴァに乗らなくていいようにする!」の所と「父さんの事、ありがとう」「何も出来なかった。ごめんなさい」の所。
やっぱ今回は最後の綾波救出のシーンが一番くる。

あとやっぱマリは良いなぁ。
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ!」のとこがすごい好き。
その後のATフィールドを噛み千切るとことか。
そういえば「君、面白いね」の後パラシュート引きずりながら走ってくとこも可愛かったなぁ。
やばい、マリかなり好きかも。メガネっ娘だし。
ってかエヴァって目悪くても乗れるの?どうでもいいか。
アニメ版と前回の劇場版がアスカルートで今回が綾波ルート。って事は10年後くらいにマリルートで劇場版だな。
マリと言えばザ・ビーストの所で流れる音楽が凄く良い。
グレンラガン見に行った時の予告で何回も聞いてたのに、緊迫したシーンで改めて聞くと鳥肌が立つ。

やばい。本当に飽きない。
軽く10回は見に行きそう。
とりあえず今日から毎日1話ずつアニメ見よう。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破

【ネタバレ注意】
公開初日にエヴァ見て、日曜にもう1回見て来ました。
初日はレイトショーを2本立て続けに見ました。計3回。
感想はただ一言、「凄え」。
1回目見た後にはもうそれだけでした。
気付いたらシアター出てそのままチケット売り場に直行してました。

以下ネタバレと感想。

【超ネタバレ注意】
【超ネタバレ注意】
【超ネタバレ注意】



いきなり新キャラのおでまし。
マリって言ったっけな?
あの365歩のマーチは癖になる。サントラに入ってたら買う。中の人歌うめえ。
楽しそうに戦ってる姿がすごく新鮮。
「すげえ痛いけど、面白いから、いい!」とかシンジには逆立ちしても言えない。
パラシュートのシーンでシンジの匂いを嗅ぐ所なかなかエロ可愛くて良かった。
あのシーンでシンジは胸で圧死しかけてたけど、あそこはパンツで圧死させてもらいたかった。でもマリはパンツ丸出しになっても恥ずかしがったりせずに「あ、ごめん」程度の反応しかしなさそうだなぁ。でもそれはそれで凄く萌える気がする。
見る前はもっとマリが浮くって言うか、邪魔になるかなーって心配してたけど、全然そんな事はなかった。
「死んじゃうとこだったニャー」はあの緊迫したシーンで不覚にも萌えてしまった。

前半の日常パートはほのぼのとしてて良かった。
全裸のアスカにハイキックかまされるシンジが羨ましい。丸見えじゃん。
そして絶妙な配置のストローとおぼんに日本のアニメーションの魂を感じた。

サハクィエル戦の時の疾走するエヴァかっこいい。
手を貫通されても泣きながら必死に戦うシンジに痺れた。
ってか落ちてくるだけならまだしもそこからさらに攻撃してくるとか…
どんだけだよ。

マヤさん、あんな緊急時にいきなりシックスナインとかエロいこと言うのやめてください。不謹慎ですよ。

驚いたのが綾波の変わりよう。
シンジの為に食事会を開こうとしたり料理に挑戦したり、明らかにアニメ版とは違う。
人間らしさが前面に出てる。「ぽかぽかしてほしい」とかもそうだし、所々笑顔も出てたし。
「碇君がもうエヴァに乗らなくていいようにする!」って特攻したり、その後の「2号機の人、逃げて。ありがとう」とか綾波のセリフとは思えない。
この辺の綾波の変化が今回の一番の泣き所だと思う。

そして今回の一番の衝撃はアスカが3号機に乗った事。
まさかアスカでくるとは…
しかもあのアスカが他人と心を通わせ始めて、笑顔まで見せた直後にあの展開。残酷すぎる。
そしてあそこの「今日の日はさようなら」はやばい。
アニメでもあんな感じの演出はクラシックの曲でやってたけど、今回のは壮絶な映像にほのぼのとした歌がミスマッチすぎてさらに狂気滲みてて強烈だった。
あの演出は人によって賛否両論だろうけど、物凄く好きだ。
それにしても3号機のプラグスーツは本当に見えすぎだな。ちょっと毛深い子だったら完全にはみ出る。
アスカの生死は不明だけど予告に出てたからきっと生きてるよね。
でもせっかくなら予告にも出さないで次の劇場版までの謎にしておけばよかったのに。
でもあえて予告に出したって事は、逆に生存確定じゃなかったりして?それはないか。

最後の綾波救出シーンは色々と感動した。
あのシンジが熱かった。「綾波を返せ!」で停止した初号機を動かして、その後も「自分がどうなっても綾波だけは助ける!(超うろ覚え)」「綾波は綾波しかいない!(超うろ覚え)」とか、泣かせるセリフの数々。
ミサトの「シンジ君!行きなさい!誰かの為じゃない、自分の為に!(うろ覚え)」のくだりも感動した。
「翼をください」もよかった。同じ演出を二度繰り返したしつこさは少しあったけど、でもあの曲がのシーンを引き立ててたと思う。
あと綾波の乳首とかに感動した。

サードインパクト起きるか!?って時のリツコの「世界が終わるわ」は痺れる。
次作への最高の終わり方だと思った。
でもその後カヲルくんの登場であっさりサードインパクト阻止されたのはガッカリ。
あそこはQまで引き伸ばして、どうなるんだ!?ってワクワクさせて欲しかった。

なんか書き足りないような気もするし、全然的外れな事書いてるような気もするけど、このくらいでやめておきます。
とにかく見終わった直後に何度でも見たくなる映画でした。
何度見ても足りない。本当に面白かった。あと数回は見るつもり。
そしてQが本気で待ち遠しい。
何年かかってもいいから、素晴らしい物を作ってもらいたい。
どんな終わりでも受け入れる自信はあるけど、出来るなら全員が救われるような終わり方であって欲しいと思う。

天元突破グレンラガン 螺巌篇 そしてエヴァ

7回目で最後って言ったのに、舌の根も乾かぬうちに8回目見てきましたよ。
でも本当にこれで最後だと思います。もう近場で上映してないんで。
もし家から10分くらいの所で上映してたら2日に1回くらい通いそう。
でもそんな環境だったら天国だなぁ。
とりあえずこれから時間かけてちょっとずつもう一度テレビ版見返そうと思います。

そして今週はようやくエヴァですよ、エヴァ。
グレンラガン見るたびに予告が流れるもんだから、何気に何週間も前から楽しみにしてました。
さっき公開初日のオールナイトの回のチケット買いました。
これで余程の事がない限り見に行けます。
エヴァは全然情報仕入れてなくて、新キャラがいるとかアスカの苗字が変わるとかその程度しか分かってないんですよ。
でも新キャラ登場って時点でストーリーは相当変わりそうだし(ってか全く違うのかな?)、予告も格好良かったし、グレンラガンほどじゃないけど相当な回数見に行くと思います。

あの予告でのアスカの胸の谷間が忘れられません。

天元突破グレンラガン 螺巌篇

結局全部で7回見ました。
一つの映画を見た回数としては、時かけの6回を抜いて自己新です。

それにしてもやっぱり何度見ても泣く。
7回目は今までで一番泣いたかもしれません。
何回も見て分かってるはずなのに多元宇宙迷宮の所では絶対に泣くし、油断してると空色デイズの所で泣くし、結婚式のシーンで泣くし、エンドロールで泣く。
そしてロージェノムのハッキングのシーンは必ず笑う。
7回目はこれで最後と思って見に行ったんで、最後のリーロンの「楽しかったわよ、シモン」が凄く胸にグッときました。

毎回見るたびに新しい発見があって、見るたびにどんどん好きになっていきました。
こんなに好きになる映画には当分出会えないと思います。
なんとか時間作って夜中に見に行ったり朝一から見に行ったり終電ギリギリの回を見に行ったりしました。
公開からたった1ヶ月半だったけど本当に楽しかったです。
心残りは、何度かあった舞台挨拶のチャンスをことごとく逃したこと。
いつも何かしら用事があったりして行けませんでした。
先日の池袋のオールナイトのイベントも行きたかったけど行けなかったし。
行けた人が本当に羨ましいです。

出来たら最後にあと一回、見に行きたい。
一番近場の劇場での上映は終わるけど、ちょっと足を伸ばせばやってる所はまだまだあるし。池袋なんて未だに一日4回上映とかやってるし。
夏くらいにまだやってる所があったら行くかもしれません。

とりあえずサントラ買います。絶対に。

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

そういえばグレンラガン見た時にヱヴァの予告編が流れてました。
そのあまりの格好良さとアスカの胸の谷間に一気にテンションがあがりましたね。
映画館のロビーに貼られてたポスターも格好良かった。
散々待たされたけど、ようやく来月末公開ですよ。
新キャラに新エヴァに新しいストーリー。
もう何もかもが楽しみです。
って言っても事前情報はほとんど仕入れてないんですけど。
最初は予備知識なしに見に行きたいです。

なんとしても公開初日に見に行きたい!
そして最低でも3回は見たい!

天元突破グレンラガン 螺巌篇 2回目3回目

1回目に見に行った次の日に2回目を、その5日後に3回目を見てきました。
何回見ても泣ける。すごい。次も泣く自信がある。
特に結婚式の前のニアの「もう少しだけ…ね?」って所が泣けて泣けて…
フィルムは、何故か初回の時も螺巌篇のフィルムを貰ったので2枚あります。
アンチスパイラルが銀河を掴んで投げる所と、「決まってらぁ、どこまでもさ!」の直前のシーンの大グレン団の面々のシーン。「どこまでもさ!」のシーン大好きなんで丁度全員が並んでるあのシーンなら良かったんだけど…
でも本当はニアかシモンかカミナかヴィラルが映ってるシーンが欲しかったです。

思った事を書き連ねます。

・キヨウの色っぽさはやばい。確かに宇宙一の嫁かもしれん。
・キヤルは相変わらず可愛い。
・キノンは昔の方が可愛かった。
・刑務所でのヴィラルとシモンの殴り合いがなくなってたのがちょっと残念。
・お父様のハッキングは何度見ても笑う。
・お前らロージェノムが難しい話してる時に寝るな。
・ヨーコの服はさすがにエロ過ぎじゃね?このエロ女教師め!
・ギミーの手をそっと握ってあげるダリーは可愛すぎる。
・やっぱりキタンとヨーコのキスは容認できない。
・アンチスパイラルの登場シーンは鳥肌が立つ。
・「否、否、否、断じて否!!」アンチスパイラルかっこいい。
・「その程度の因果も理解せずに~~(うろ覚え)」アンチスパイラルかっこいい。
・ヴィラルの甘い夢が切な過ぎる。
・多元宇宙の所で泣けない奴とは友達になれない。
・「お下がりください、ニア姫!」ヴィラルかっこいい。
・ヨーコの乳首が…!
・ニアの乳首が…!
・ダリーの乳首は?
・空色デイズはイントロだけでヤバい。
・キタンの写真の前で泣く3姉妹が泣ける。特にキヤル。
・ニアの最後の笑顔が切ない。
・「みんなありがとう。俺達は幸せだった」で号泣。
・エンドロールでニアの花が散ってシモンが大人になる所でまた号泣。

これを書きながら色んなシーンを思い出して泣きそうになったりしてます。
シモンはあの後、グレン団の奴らとは一生会わないのかな。
多分会わないんだろうけど、それを思うと切なくてまた泣ける。
それぞれがその後どんな人生を送ったのか色々想像するだけで胸がいっぱいになります。
そしてそういうのを想像したくなるアニメってなかなかなくて、そういう作品に出会えたのはすごく幸せな事だと思います。
これで終わりなのは寂しいけど、グレンラガンを好きになれて本当に良かったです。
劇場での上映が終了するまであと何回かは見るつもりですけど。

ところで3回目は終電も終わってからのレイトショーで見たんですが、10人くらいしか入ってなくてほとんど貸切り状態で、すごく良かったです。安いし。これからはレイトショーをどんどん活用していきたいです。
とりあえず次の土曜日あたりにまた行って、そして21時の回と0時の回を続けて見てこようかな。

グレンラガン 螺巌編

見てきました!
もう詳しい感想を書く気にもならないくらい圧倒的にやられました。
まだ見てない人は是非見るべきです。超濃密な2時間でした。
見終わった後しばらく放心状態ですよ。
劇場内が明るくなってからも少しの間座って呆けてました。

後半の戦闘シーンは圧巻の一言でしたね。
ロージェノムのハッキングのシーンは爆笑しました。
あとヨーコとニアの乳首…!!
もう見どころ多すぎて1回見ただけじゃ満足出来ないです。
フィルム貰う為にも、少なくともあと2回は見てきます。
てか今日続けてもう1回見てくればよかった。

ますますグレンラガンが好きになりました。
これで終わりだと思うと本当に悲しい。
画集とか色々買っちゃおうかな…

グレンラガン劇場版

グレンラガン劇場版見てきました。公開初日の一番最初の回を。
始まる1時間半くらい前に劇場に着いたのに
もう30人くらい並んでてビックリしました。

内容はテレビ版編集1時間半+新展開30分。
テレビ版の部分は良い所をギュッとまとめただけあって、
名シーンの連続で、スピード感もあってとても良かったです。
始まってすぐ、アニキが出てきた所から涙腺がヤバかった。
その後もアニキが名言を言うたびにうるうると来て、
最後「あばよ、ダチ公」の所ではもう完全に泣いてましたね。
あのシーン、テレビで見てた時は「え?本当に死んじゃうの?」
ってドキドキしながら見てたから泣く余裕なんて無かったし、
本当に死んじゃった時には唖然として見てたけど、
今回はその展開知ってる分、一つ一つのシーンやセリフに重みがありましたね。
そういう意味では(アニメ未見の人でも十分楽しめると思いますが)、
やはりアニメ見てから行った方がより楽しめると思いますね。
それに怒涛の展開を2時間で見せてるので、初めてだと付いていくだけで精一杯かも。
黒の兄弟やロシウ、ギミー、ダリーの登場の所思い切り端折られてるし。
アダイ村のエピソードはとても良いのに。
ちなみに、出番少ないけどキヤル可愛かったです。

新展開の所も、詳しくは書かないけど凄く良かったですね。
ヨーコとあいつの白兵戦は必見です。あとシモンがニアを助けに行く所も。

と、言う訳で予想してたよりも5倍ほど良かったですね紅蓮編。
これは最低でも3回は見ないと。
エヴァとかと違って上映期間それほど長くないと思うんで、どんどん見てきます。
とりあえず次の週末、友達を連れて行ってきます。

エヴァンゲリオン新劇場版

アニメ26話まで全部見たところで、もう一度新劇場版を見に行って来ました。
アニメ版見た後だと色々な所が変わってるのが発見できて面白かったです。
ラミエルの変形はアニメとは比べ物にならないくらい格好良いですね。
最後のカヲル君のセリフに「また3人目」みたいなのがあって、多分ここがキーになると思うんですよ。「また」って事は「前」があったって事で、つまり今回の話はループものか!?って思ったんですけど、帰って来てネットを見るとそんな感じの考察が山ほどあって、改めて出遅れてるなぁと哀しくなりました。

前回見た時には分からなかったけど、予告を見るとテレビ版とは全く違った話になるみたいで、次の劇場版が楽しみです。

エヴァンゲリオン

見た事もなかったし全く見る気もなかったんですが、何故かエヴァの劇場版を見てきました。
予備知識はほとんどなく見たのに(綾波とかシンジとかのキャラくらいは知ってた)、物凄く面白かったです。知らなくてもちゃんと楽しめる作りになってたと思います。アニメをリアルタイムで見ていた友達は「端折りすぎ」って言ってたけど。
やはり見所はなんと言っても綾波のおっぱ…じゃなくて戦闘シーンですかね。あの青いのと戦うとこは大画面で迫力がありました。
ともかく凄く面白かったです。ハマりそう。
と、いう訳でアニメと前回の劇場版は見てみようかなぁと思います。
次の公開までに予習しておきます。
あと、昔犬上すくねが描いたエヴァ漫画(←数少ない予備知識)をまた読みたいなぁと思って本棚を漁ったけど見つかりませんでした。
残念。

時をかける少女

時をかける少女を見てきました。
ネットのいたる所で大絶賛を受けている理由がとてもよく分かりました。
清々しい感動で胸がいっぱいです。今も余韻に浸ってます。
帰りに本屋に寄り、ガイドブック買いました。
なんかもう今すごく幸せな気分です。
胸を張ってお勧め出来る映画です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
プロフィール

高村 埜寺

Author:高村 埜寺



カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。